HOME > 脱毛基礎講座

脱毛基礎講座

クリニックで行う医療レーザー脱毛に限らず、脱毛は「間違った脱毛」をしないことが大切です。 当ページでは、脱毛に関する基礎知識を講座形式でご紹介します。

脱毛において大切なことは、間違った知識で脱毛を選ばずに、正しい脱毛を行うことです。
「正しい脱毛」とは、インターネット上などで流れている噂に左右されず、医師の言いつけをしっかりと守って脱毛に真摯に向き合い、正しい方法で脱毛を行うことです。
正しい脱毛をするためには、当然、脱毛に関する正しい知識が必要なため、当コンテンツでは脱毛に関する基礎知識をご紹介します。

毛周期に合わせた脱毛

一般的に脱毛は2~3ヵ月の間隔をあけて行いますが、これは毛の生える周期、「毛周期」に合わせているためです。わたしたちの体に生えている毛はすべての毛というわけではなく、間隔を変えて常に毛が生えるようになっています。

レーザー脱毛は生えている毛、つまり「成長期」の状態の毛にしか効果がないため、体の中に眠っている毛が生えてくる周期に合わせて通う必要があります。
毛周期には「成長期」「退行期」「休止期」の3つの期間があり、詳細は以下の通りです。

成長期
毛の根元にある毛乳頭という部分から栄養が流れ、毛がどんどん成長して体の表面に出てきます。一般的に、わたしたちの体に「生えている」と言われる状態にあるのは成長期の毛です。
毛の生える部位により、成長する期間は異なります。
退行期
毛乳頭からの栄養が止まり、髪の成長が止まる時期です。
この時期も毛は生えていますが、整腸は止まっているため伸びることはありません。栄養を送るためにしっかりと結びついていた毛乳頭と毛が緩まり、少しずつ離れていく期間です。
休止期
毛乳頭と毛が完全に離れ、自然に毛が抜ける時期です。
毛が抜けるとその毛穴は休息期間にはいり、しばらくの間休みます。
休んだ後は再び毛乳頭が活動をはじめ、成長期へと戻り毛が生えてきます。

実はお得な全身脱毛

全身脱毛は価格が高い!と感じている方も多いかもしれませんが、実はそうでもなく、お得だと言うことをご存知でしたか? クリニックなどで行う脱毛の多くは、全身脱毛という全身くまなく脱毛できる方法と、いくつかの部位を組み合わせて行う方法、ワキなど単体で脱毛を行う方法の大きく分けて3種類に分類されます。

価格が最も安いのは単体で行う脱毛の場合ですが、実はセット料金や全身脱毛の場合は単価が下げられているため、一見安く見える単体の価格は案外安くないこともあります。

単体での脱毛を行った場合、1ヵ所の脱毛が終わると「やっぱりこっちも、こっちも…」と部位を増やす方が意外にも多いと言われており、結果的に全身とほぼ同じ範囲の脱毛を行う方などもいるため、クリニックなどでは最初に全身脱毛を勧めるケースもあるそうです。

人気の脱毛部位をご紹介
全身脱毛であれば部位を気にすることは特にありませんが、部位を限定して脱毛を行う場合はどこの部位を脱毛するかで悩んでしまう方も多いかと思います。
そこで、当サイトでは渋谷のクリニックでも人気の脱毛部位をご紹介します。

両ワキ

やはりダントツで人気No.1は両ワキ。
エステなどでは両ワキ脱毛し放題で1000円を切るプランが用意されるなど、他の部位は脱毛をしなくてもワキだけは脱毛したいという女性がかなり多くいるようです。

ワキは自己処理による黒ずみが生じやすいほか、毛を伸ばしておくと雑菌が繁殖しやすく、ニオイのもとになるとも言われています。
レーザー脱毛することでワキの黒ずみが解消されたり、ニオイの軽減につながるとも言われています。

季節を問わず人目に触れる腕もまた人気の高い部位です。
両ワキや脚、背中などと組み合わせて脱毛される方が多く、自己処理を行った際にカミソリ負けを起こしやすい部位のためレーザー脱毛を行うことで肌トラブルがなくなりキレイな肌になります。
また、何度も剃る必要がなくなり手間もかからなくなります。

腕は範囲が広いため、クリニックによってパーツの分け方が異なりますが、一般的にはヒジから上と下、手の甲から先で分けることが多いようです。

腕同様に季節を問わず人目に触れる部位のため人気が高く、両ワキや腕、背中、ビキニラインなどと組み合わせて脱毛される方が多いようです。

範囲が非常に広く、カミソリを使って自己処理をすると太ももの裏やヒザ裏などを剃り残してしまうケースがあるほか、カミソリ負けを起こしやすいためレーザー脱毛することで処理の煩わしさや剃り残しの恥ずかしさから解放されます。
脚の場合はヒザから上下と脚の甲に分けることが多く、クリニックによっては表と裏でも分ける場合があるようです。

ビキニライン(VIO)

最近密かにブームが起きている脱毛部位です。ビキニラインやビキニゾーンと呼ばれ、パンツや水着からはみ出してしまう部分の脱毛を行います。
Vラインは文字通りビキニのV字からはみ出してしまう部分を、Iラインはデリケートゾーンとも呼ばれる陰部の部分(Iの形ですね)、Oラインは肛門のまわりをさします。

すべて処理してしまうことをハイジニーナと呼びますが、日本などではハイジニーナよりも毛の量を減らしたり、Vラインの形を整えたりといった脱毛のほうが人気のようです。

レーザー脱毛の歴史

脱毛の概念は実は古来よりすでに存在していました。その頃は美意識の高い女性にとって身だしなみと捉えられていました。そこから脱毛も様々な進化を遂げ、現在主流となっているレーザー脱毛が発展したのは1980年代です。レーザーは黒い色素に反応して組織を破壊する脱毛なので、「肌に負担が少ない」と口コミで評判になりました。

レーザー脱毛も進化し、「永久」と定義できるものも登場しました。しかし、永久脱毛と表現できるものは限られているため、脱毛機関の多い渋谷でさえ一握りです。しかし、その一握りの医療機関のレーザー脱毛では確実な効果が得られます。

ページの先頭へもどる